アーンドラ・ダイニング@銀座

月例のB級グルメ会。B級とは真っ向不釣合な土地柄である銀座へ。
食べたものをずらり並べる。

ひよこ豆と玉ねぎサラダ

エビのココナッツ炒め

シークカバブ

ラムチョップ

ご馳走チキンカリー

チャパティ

ほうれん草とカッテージチーズのカリー

ガーリックナン

素材の味を活かしたスパイス味、酸味、甘味の使い方が絶妙な料理達。どれも箸が止まらない美味さで、一文字とてケチのつけようのないクオリティに驚き、そして全米が泣いた。

実は今回、我々のリザベーションが通っておらず、欠食児童になりかけたり、ため姉さんのビールグラスに見事なシルエットのリップスティック跡が付いていたりと、強烈なインディアンパンチに打ちのめされかけていたが、飛び抜けた味の良さ、店員さんのホスピタリティの妙にアゲアゲにされ、終いにはヒデキ感激の会となった。
インド料理といえばアーンドラ。ここを押さえておけば間違いない。インディアンパフォーマンスも込みでね(爆)

ホープ軒@古川橋

今、無性に食べたくなるラーメンがここだ。ワイルドなとんこつ醤油ラーメンというカテゴリーでは麻布ラーメンと同じだが、麻布ラーメンがカエシ(醤油)を強く効かせているのに対し、こちらは豚骨でグイグイ押してくるタイプ。見た目ほどクドくなく、飲み飽きない美味さ。


ラーメン(750円)
スープ、麺、共に美味し。満足。途中から、味変アイテムの豆板醤を入れると鋭いエンミが一層食欲をそそらせる。
ランチとしては限界の距離だが、ここにしかない旨さがある。

ふくべ

駅前地下森永エンゼル街の串揚げ屋へ。筆者が入社してから、しばらくはマルちゃんという美味いとんかつ屋だったが、店長が病気してからは居抜きで揚げ物屋となっている。

日替わり定食(850円)#ご飯半分
今日の日替わりは、ヒレカツ、メンチカツ、アジフライ。揚げたてサクサクで、それぞれタネの質も良い。特にジューシーなメンチカツが気に入った。メイン以外おかわり自由なので、キャベツを追加で頂いた。
日常のランチとしてはやや高いが、かつやよりも質が高いし、キャベツのおかわりができるのが◎また来ることにしよう。

大阪出張

朝から大阪出張。昼は現地の京橋でラーメンでもと考えたが、件の体調のこともあるので東京駅で弁当を買って新幹線へ乗り込んだ。
鮭はらこ弁当。結構人気のある商品らしい。

昼近くになり、おべんとおべんとうれしいな〜でオープン。

ホ、、、、What’s that YELLOW GUY !!

こんな下品な言葉を使うことは許されないが、許してもらわざるをえない。

Motherfucker!! FUCK OFF!!!!
筆者が世の中で最も嫌悪するもの、それは、トルストイ先生が書かれた戦争と沢庵である。
我慢して撮影した後、これで汚染された一帯を箸でぐちゃぐちゃにかき混ぜたが、忌々しい臭いは取れなかった。1,150円もしたのに、涙を堪えながらのランチとなるとは・・・。このアクシデントにより、体調不良が加速したのは言うまでもない。

つつがなく仕事を終え、予定通り帰路につく。
結局、大阪まで行ってタクワンの話題以外何事もない一日だった。情けねーなー(苦笑)

一心たすけ

未だに体がスキっとしない。。。金曜の夜、一体オレはどれだけ飲んだのだろうか。1mmも記憶がないから知る術もない(殴)
そんな昼は、大陸ネーチャンに癒やしてもらうが吉。

冷やしたぬきそば+温玉(500円)
ネーチャンの顔を見て癒やされはしたが、体調不良のところに揚げ玉が少々重かったようで、午後は消化不良によるゲップオンパレード(蹴)不良尽くしの夏休み明けとなった。明日は食い倒れの街に出張だが、この状態なので仕事終えたら真っ直ぐ帰ろっと。

野球再開

野球の夏が戻ってきた。が、夏休み最後の気分ということでハメを外したことにより、年に一度発生するかレヴェルのtwo days drunker(殴)土曜日はコーチという役を半ば放棄し、芝生に寝るは、トイレに閉じこもるかの死に体となっていたという事実。

日差しがひたすら痛かった(泣)
もう、酒は見たくない。ところでの懇親会(死)。ええええ、主催者だから、飲みましたがな(蹴)

日曜日はやや回復。本調子には程遠いが、なんとか一日耐えることができた。

来月から公式試合。外野はズラリ一年生と厳しい状況だが、まずは一勝を目指して頑張っていきたい。