木根川レッズ戦(連盟)

攻守、野球に対する自信、情熱、全てにおいてコテンパンにやられた。いかに、うちが投手で取り繕っていたかをあらわにされ、けつの毛までむしられたような試合だった。
悔しいけど、あそこまで叩きのめされると諦めもつく。完敗。

この代の子供達にいい夢を見せられなかった。ダメ園長でごめんな。しかし、君達と共にした時間は幸せだった。ありがとう。今後は厳しい練習が待っているけど、必死に頑張って欲しい。


いよいよ新動物園の開園。1年生を3人も使わなければならないという苦しい状況だが、今日のような試合を反省しながら、急ピッチで野手を仕上げなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です