8/20 ごぼ天うどん+トムヤムクンヌードル

どうにも休み気分が抜けない。外に出てもまた彷徨いそうなので、机に閉まってあったカップ麺をすゝることに。

ごぼ天うどん

静かな事務室に響くズズズ音。侘しくてやだねぇ〜(苦笑)
しかし、これ一杯ではまーったく食べた気がしない!夏休み中で不在にしている後輩君のロッカーを開け、さらにズズズ音をかましたという事実(爆)

トムヤムクンヌードル

辛味酸味コクのバランスが素晴らしい一杯。これはカップ麺の中でも傑作品の一つと思っている。おかげさまで腹パンになった。
あ、後輩君ごっそさんな!この前のアレの件は許してやるからな!(殴)

8/19 一端亭

店前に立っては踵を返す彷徨いのランチ。たどり着いたのは、最果ての一端亭。

ラーメン(750円)

豚骨ガッツリ、ウマウマコクコクのクリーミーなスープ。斜向かいの藤参が都内屈指の家系ならば、一端亭は都内屈指の博多ラーメンといっても過言ではない。二郎総本山もありーので、ラーメン不毛地帯だった三田は何気に熱くなってきた。
でもね、「どげだっか」という熊本の方言があるんだけれど、途中からスープのしつこさに体がついていけないという事実。ここ最近、これ系のラーメンを食べると決まって箸が止まってしまうのだ。人間こうやって歳をとっていくんですねー(泣)喜多方・白河・佐野方麺が恋しいこの頃(苦笑)

週末

野球練習の再開。暑さのため半日だけリハビリ的に。

低学年は人数が増えず、しばらく住吉Sさんと混成チームで戦うこととなった。2年生達にもしっかり力を付けて、出場機会が増えるといいなと思っている。

夜は父さん会にお呼ばれ。「かまとと」という地元の居酒屋へ行った。カマトトぶるなんて良い意味ではない言葉だが、それ以外の意味ってあるのだろうか。日本三大不思議の一つにしたい店名だ。

刺身を得意とする店で、地元の中ではなかなか良質の食事を出す。

今宵のテーマは「泥船の解体新書」。まぁ、言いたい放題言い合って、少しは発散できたかしら(^^;;;しっかし、ウーロン茶一杯で日本酒5合ぐらい飲んだのか?と思えるほど元気なΔ×ΘΨΔ。これまた日本三大不思議の一つとしたい御大である(謎爆)

今週のラーメンは一杯。日高屋@青砥駅前店へ。

タンメン麺少なめ@日高屋青砥店

美味いことは周知のとおり。
しかしね、それよりも三田店とスープを見比べて欲しい。

タンメン(日高屋@三田店)

白湯と清湯ともいえるこの差ですよ。同じチェーン店なのになんでなんで???これまた日本三大不思議の最後の一つであるw

8/15 かつや

さすがに閑散としている職場付近。

夏休みで客が減る時期を狙ってこんなキャンペーンやっちゃって、、、ホントここ営業センスあるよね(笑)

かつ丼(竹)540円

安い梅でいいのに竹にしちまうというね。撒き餌に引っかかったいい釣りものと思いますよ(笑)
毎度のことながら、ホントに美味いよね。脂身のコクと甘味が神ってた。また釣って欲しいと思う(笑)

8/14 藤参

今日も今日とて、一段と膨れ上がる胴回りのことも忘れて麺道に邁進する。

並ラーメン(700円)

見たことのない人が作っていた。その影響かは?だが、ややコクにかけるスープだった。鶏油が少なかったことが原因かもしれない。
ごちそうさまをして、ハッと我に返り、腹をさすりながら事務所に戻るわけだ。どぎゃんかせんと、、、いかんこの頃。

8/13 松屋

外に出たら暑さのせいで思考回路がシャットダウン。何を食べたいのか分からなくなり、彷徨った末に松屋へ。

ミニ牛丼サラダ定食(450円)

安定の美味さ。汁だくにしたところ、丼の1/3までひたひたにしてくれた。おかげで、フィニッシュはすき焼き風の卵かけご飯でスルスルと。休み明けのリハビリランチにちょうど良かった。

8/3-10+11-12/熊本帰省+BBQ会

一週間の休みをもらい、帰省しとりました。

きのこ♀

長崎観光、天草釣行、ラーメン店巡りなど、充実の夏休みでした。ダイジェスト版で。

ラーメンに始まり、、、

麺の小やま

玉名ラーメンではない新店。豚骨王国に殴り込みかける気鋭やいかに。

金のラーメン(650円)

熱々のスープは雑みのない鶏のまろやかな甘味、香ばしい風味が素晴らしいもの。

ストレートの細麺は、小麦の風味、甘味を感じる秀逸なもの。屋号に「麺の」と冠するだけあり、麺へのこだわりが強いことが判る。

黒のラーメン(750円)

鶏白湯スープにマー油をかけたスープ。言われないと鶏なのか豚骨なのか判らないコクうまなスープで、マー油の風味も相まってグイグイ飲ませる。麺の美味さもあり、これもアリな一杯だ。
いやはや、こりゃ気合が入ってますなー!玉名ラーメンのインターバルに大アリの店発見!

カーフェリーで長洲港から島原に渡り、長崎市内に行った。

島原半島を望む
大浦天主堂

キリスト教の生誕、日本への伝来、弾圧など、改めて勉強になった。軍艦島に行きたかったが、アスベストの調査とかで行けなかった。これは次回の出張の際にでも(殴)

ランチは当然ちゃんぽん一択。

紅山楼@新地中華街

暑い中30分待ちの行列も我慢して並んだ。

上ちゃんぽん(1000円)

豚骨+魚介の効いたクリーミーなスープが涙チョチョギレものの旨さ。

上太麺皿うどん(1000円)

ちゃんぽんのスープを更に凝縮した濃厚なスープ。旨味の極致。うまかぁ〜(泣)

春巻き、角煮饅頭

まぁ、これおつまみにいいやね(笑)いやはや、最高のちゃんぽんだった。でもね、母ちゃんは「リンガーハットでよか」だって(泣)

天草に釣りに行った。行きは3時間、帰りは4時間、軽トラにボートを載せての旅。

エメラルドグリーンの海

のっけからウニに足を刺されたり、大海原の上でエンジンが止まったり、釣り場のポイントを探すのに苦労したりとハチャメチャ大変な釣行だったが、そこそこの釣果だった。

アカハタの巣をみっけ!

しかし、この釣りは極の限まで疲れる。もっと楽にできないもんかのぉ。。。

天琴にいった。

ラーメン(650円)

テカテカの油に覆われたスープ。正直言って、サラダ油を飲んでいるような気にすらなる。天琴ラーメンはこんなんじゃなかったよ!二代目さん、どうしちゃったのかなー。これ、味の評価以前の問題っすよ!食べログに晒さないだけいいと思って💢

夜は毎日麻雀大会

役満なんて、いつ以来ぶり、、、?

国士無双なんかやっちまったもんだから、それ以降は全くダメダメ男。しかし、坊主Aが上達しており、トップだった。

武蔵ラーメン@荒尾に行った。

県内外から多くの訪問者が訪れる店ということで気になっていたが、念願の初訪問。

ラーメン460円!

このご時世にあって、ラーメン一杯460円という昭和価格。申し訳ないのでチャーシュー麺にしたが、これは更に申し訳ない580円という驚きのプライスだ。

チャーシュー麺(580円)

豚骨のクリーミーなスープ。しっかり出汁が取れているがワイルドさは寸止め。玉名ラーメンとは似て非なるもので、多くの人に受け入れられる飲みやすさとなっている。

ストレートの細麺

ここは議論のあるところとは思うが、ここは玉名ではなくお隣の荒尾市。よって、そもそも玉名ラーメンとして評価すべきではないと考える。

餃子(340円)

餃子は細かく刻まれた野菜の食感が良く、甘味もあるもの。調味料の配合も絶妙で実に美味い!これをツマミにして飲みたくなるものだった。

武蔵の黒ラーメン(580円)

マー油がたっぷかかかったスープ。ベースの良さに相まって焦がしにんにくの香ばしさがアドオンされ、コクと風味が更に増すもの。

噂の武蔵ラーメン。味が良いのも高い評価を受けて然るべしだが、それ以上にCPの高さと言ったらこの辺では類を見ない店だった。筆者カ・ン・ゲ・キ(笑)

そして、ラストラーメンは、大輪で決まり。

ラーメン(600円)

包み隠すことのない豚骨のワイルド臭。ラードの甘味。これぞ The 玉名ラーメンだ。兄貴分の天琴には、ホントしっかりして欲しい。

ということで、令和元年の夏休みはラーメン三昧。ゆっくりいい帰省だった。

夏休みはまだ2日ある。とことん遊んで現実逃避(殴)

眼前に広がる海

こんなもの焼いて、しこたま飲んだ。

旨杉晋作!

旅の〆は、ガキンチョがいるという制約もあって魁力屋へ。

コク旨ラーメン(750円)脂多め

そこそこイケる。けど、ここは鶏ガラの効いた醤油ラーメンを食べるべきだったな。。。

ということで夏休み完全終了〜(泣)また休めない日々が、、、(大泣)

7/31 藤参

(続)暑いものは熱いもので制す
起きてからココと決め込んできた。

ラーメン(700円)

今日はガッツ石松似の店主ではなく違う人が作っていた。だからかなのかは分からないが、ちょっちゅ普段よりコクがないかなという感がした。それでも十分うまいんですけどね。