12/28 一心たすけ

年納めは、たすけで。

顔の知らない大陸ネーチャンによるサーブ。が、最後の最後でやらかしやがった💢

例によって黄身をチューと救出してからのスタート。ほんと卵の割入れは慎重にたのむよ!

さておき、今年も数的には一番世話になったのではないか。ありがとうございました🙏

明日から年始までは不定期日記になります。

12/27 暫亭@銀座

人間ドック受診日。簡易結果では、いつも通り尿酸の値がやや高い程度で他は健康体👌昨年より体重が若干減ったのは良かったが、低い身長が更に3mm低くなったのにはガックリした😭

夜はOBの方々との忘年会。久々に暫亭へ。

長男さんも、少し腕を上げたかな?久々に美味しい焼鳥に舌鼓。参加の面々も感動したと言っていたので何よりだった😆

ママさんも元気で、次男さんは金土日のみ奥多摩で暫亭をやってるんですと(驚)なかなか奥多摩まで行く機会もないが、また、ここで兄弟会をやりたいぞと。

12/25 ケンちゃんラーメン他

野球がない日。中華そば探訪の流れから、どーしてもラーメン屋ケンちゃんを開店したかったのだ。俺だってやれば・・・(笑)

チャーシューをこさえつつ、スープ作り。

圧力鍋で、ちゃちゃと塩味のチャーシューを作る。これがなかなか美味い✌️醤油、鶏ガラスープの素などを使って、醤油スープを作り、中華麺を入れて完成。

生姜醤油のスープが美味い。ハッキリ言って、三田のあの店とかこの店よりも美味かった😅また遊ぼっと(笑)

坊主Aが、「クリスマスくらいは美味い肉を食べてみたい。シャトーブリアンとか?」とか生意気なことをいう🙄名前くらいは聞いたことがあるが、見たことも食べたこともない。ネットで調べ、早速OKストアへ🚗

残念ながら所望のシャトーブリアンはなかったが、似たような肉があった。

シャトーブリアンは、ヒレの中心部位、シンシンはヒレの隣のモモの中心部位ということで、見てくれはほぼほぼ同じ。ここからはお父さんの得意分野ですよ。ほらよっと!

これをAにラインで送ったところ、ご満悦の様子w🤪

実際に食べて、大変美味いんだそうです(苦笑)ま~そんなもんでしょう😂チャンチャン!

12/24 柴又杯決勝

柴又杯決勝戦。相手は6年生ということで、結果は厳しいと思っていたが、それにしても内容が更にボロボロ😭決勝戦だからか、普段と違う立派な球場だからなのか、ガチガチに緊張し、浮き足立ったエラーのオンパレード😵‍💫

残り1年はあっという間に過ぎていく。この悔しさを忘れず、練習していくしかない。ここからがスタートだ!

12/23 舎鈴

1本も遠くまで歩きたくないランチは舎鈴へ。普段は明らかにつけ麺のオーダーが多いが、今日は中華そばと半々くらいだった。今更ながら気温と食事の関係は深いんだなと🤔

昔ながらのではないが、美味しい中華そば。540円という価格も薄利多売ならでは。街中華では厳しいだろう。ようやります👏

12/22 福島出張(磐梯熱海)

郡山の朝ではなく夜中😫2時半に目が覚め、Netflixをみて4時過ぎに二度寝。6時過ぎに目が覚め仕事をし、7時半に朝食会場へ。まさかのマスクを忘れたため、コソコソ人目を気にしながらのバイキング🥺

ハチャメチャな盛り方に自分自身驚いた😅さっさと食べて部屋に戻り、メールの片付けをした。チェックアウト後にY局長と落ち合い、一路磐梯熱海のホテル華の湯へ。

熱海は先日の大雪で50センチ積もったとのことだ⛄️

ランチは会場でお呼ばれ。

豪華なご馳走様ありがとうございました☺️

みっちり夕方まで研修。ハッキリ言って、これこそが会議ですよという内容👌うちのお偉方に見てもらいたい良い内容だった👉👁

本日中に帰らねばならないため、当ホテル自慢の風呂にサクッと入り、チョイとだけ懇親会に顔を出した。

45分1本勝負🥊これらのご馳走を地酒の花春でガンガン流し、名残惜しいが途中でお別れした🍶

磐越西線に揺られて帰ってきたとさ🚃

12/21 福島出張(郡山)

日中フルで会議後、郡山へ🚄ホテルにチェックイン後、飯処を探すこと30分🚶‍♀️

食べ○グにも頼らず、今日日君に決めた👈

くしぜんという店のアネックスで、料理はくしぜんから運ばれてきた。

終始筆者1人だったという事実😅携帯が恋人の独り飲み😂

刺身盛合せは、鮮度の高い白身と上品な中トロが美味!ホロホロのカンパチ釜焼き、味付けの良いアオリイカの塩辛と、全て美味しだった😋

これらの馳走を福島の地酒、曙、一歩己で流す幸せったらありませんなぁ。いー仕事してますね❣️

我ながら筆者の勘もいよいよ本物になってきたかなと(笑)大満足のまめぜんだった。

B級グルメ会(ジョンティ@浅草橋)

B級グルメの会。今年は当たりの店が多かったと思っているが、そのラストを飾るということで気合を入れてセレクトしたのが当店。で、セレクトしておいてなんですが、アルザスとは何ぞや?

「アルザス地方は、パリから東に約500km、ドイツとの国境近くに位置する。料理はドイツと東ヨーロッパの影響を受けている。また、立地が山側のため、塩蔵した肉やジビエ、ソーセージやベーコン、ハムといった加工肉、川魚、チーズを使ったレシピが多い。」

フランスの一地方で、ドイツとフランスの両文化が混在するとのことだ。いやはや勉強になったゾとw

では、いってみましょう。

派手な料理ではないが、いずれも丁寧に仕込まれており、とても美味かった👍ここでしか食べられない感じも👌また機会があれば再訪したいぞと。

当店の評価(B会独断です)

味   24/30(オール8!肉料理が美味い!)
飲み物 22/30(ワイン美味し)
雰囲気 20/30(店員さんがやや素っ気ないか?)
コスパ 19/30(妥当。飲み物がやや高め)


12/21 包丁や

午前午後と一日中会議。で、私が喋ったの二言三言。決められたことに従いますから、頼んますよ!自分の仕事させてくれ~😭

考えるのもめんどくさいランチは、包丁やで済ます。

腹へりだったので、ついついフライの定食なんぞ選んでしまったが、オジサンにはちときつくなってきた😮‍💨もうちょい魅力的なオカズにしてくれると、頻度が上がるんだけどねー。