3/30-31野球

桜、満開。
 
土曜日は白球会の春季大会。東金町Lさんと戦かった。ソウちゃん、ひびきの継投。やや四球に苦しんだが、超ラッキーなダブルプレーと要所を締めてくれたので、なんとかまとまった。ひびきがファーストに入るポジショニングは安心感が3割増し。今後の試合でも、できるだけソウちゃんで引っ張れる展開に持ち込みたいところ。各選手バッティングの調子が上向きなのがイイね~!残り試合も張り切っていこう。
 
日曜日は高学年の春季大会。

強豪相手に厳しい戦いになることは分かっていたが、エイタ&リックーの連続HRなどで序盤に勝ち越し。終盤で1点差まで追い上げられたが、タイシ&エータの投球も素晴らしく、接戦をものにした。6年生が少ない中、本当によく頑張った。こんな戦いができるようになったんだなー。心から嬉しい勝利だった。おめでとう!
 
ちなみに同時刻、筆者は審判のピンチヒッターで柴又にいた。入団以来、写真係、スコアラー、監督業の任務をしていたため、練習試合でも審判の経験がほとんどなく、当たり前だが公式試合なんかやったことがない。それがですよ、いきなり最も権威のある葛飾区連盟の春の大会というのだから、ガクガクブルブルで失禁寸前だったのはここだけの話(殴)でもね、そこは持ち前のポーカーフェイスをかましながら、ベテラン審判員らしく平静を装うことに努め、危うい部分はあったが、なんとかやり過ごした。試合後は放心状態。疲れたなぁ~(^^;
  
しかし、あたかも自分が選手になったかのような、プーレーヤーの立ち位置から試合を見られるのは楽しかった。また野球がやりたくなってきたぞと(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です