4/29 GW3日目

午前中は高学年の試合の応援。今一ピリッとしないエースの立ち上がりも、要所は抑えて最少失点。バッティングは好調打線が外野までガツンガツン飛ばして、序盤に点差を広げた。が、ピッチャーを交代した途端に相手打線が元気づき、あれよあれよという間に追いつかれてしまう。

お迎えの時間となり最後まで見られなかったが、その後逆転されたものの土壇場で逆転勝ちの報告が届いてホッとした。

しかし、ピッチャーの相性ってあるんだなぁ。思い起こせば、坊主Aが都大会に行った時も、小さい選手が多いチームに、ものの見事に合わされて負けたことがあった。

今後、試合を差配する上で参考になる試合だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です