11/22 B級グルメ会(PAVO)

午前午後と接客対応に、宅急便のアンチャンも怒らせる50箱の発送物😭息をつく暇も無いほどに忙しい一日だった。

夜はB級グルメ会。先月、感動の勢いのまま直接予約をしたPAVO@新宿へ。

大雨と時間帯のせいもあるかもしれないが、東京で働いていることを後悔する瞬間。二度と新宿なんかで飲むもんか!

ゴールデン街の片隅にひっそりと佇む当店。

一ヶ月ぶりの訪問。
このライブ感がたまらなくイイ!

サラダは得意じゃないが、トマトソースのかかったモッツアレラチーズ&バジルの効いたこのサラダはめっちゃ旨い!いきなり気分がアゲアゲに!

新鮮なブロッコリーがニンニクオイルで素揚げされたもの。シャキシャキとした食感にアンチョビの塩味をアクセントにして食べる。あゝ美味し!確かにこのネーミングが分かるよ!

美味くないわけがないよね!そう、美味いのさ!

白子のコクコク、牡蠣のウマウマ。旨杉晋作!尿酸値アップマンセー!(殴蹴)

いやはや、やっぱり感動の連続だった。ココ、筆者のストライクゾーンずっぽ〜し!

てことで、冒頭の新宿駅行列事件もどこへやら、新年会もここで予約してしまったという事実(爆)

10/24 B級グルメ会 Pavo@新宿ゴールデン街

今月のB会は、ため吉姉さんセレクトでビストロパブォ。ゴールデン街は学生時代に一度来たっきりで、22年ぶりに足を踏み入れた。

狭い路地に店がびっしり!

THE昭和テイスト。外国人が多く、観光地している。

極めて狭い店内。シェフの料理さばきを目の前でみられるライブ感が、なんともワクワクするもの。

お通しの自家製ピクルス
Joe熱のメンチカツ(500円)

野球ボール大のメンチカツは、カリカリの衣、肉の旨味、チーズのコク、トマトソースの甘味と酸味を味わえる逸品!

カキと四方竹のソテー(400円)
カキと新ごぼうのグラタン(800円)
若鶏もも肉のタンドリー風香味オーブン焼き(600円)
しらすとあおさのペペロンチーノ(900円)

どれもこれも腕の良いシェフから作られる美味なる作品達。これらをワインで流す幸せったら言葉はないですね〜!楽しく美味しくアゲアゲの気分で過ごすことができた。今回はあえてプライスタグを付けたが、CPも凄いとしか言えない!

興奮冷めやらないうちに、11月のB会の予約もしてきてしまったという事実(爆)本気と書いてマジのお気に入りになっちゃったぞと。

故郷味

今回のB級グルメ会は上野。筆者のセレクトで故郷味へ。羊料理を得意とする中国東北地方の郷土料理を出すお店。

羊肉、牛肉の串焼き&うずら

クミンが効いてちょ~美味い!羊の脂身が故タマランチ会長だ。

パクチーサラダ

後引く辛味の効いたドレッシングが〇

小籠包
豚足煮

見た目がアレなので避けてきたが、美味いじゃないの!八角が効いてチョ~サイコー!!いやはや、もっと食べていれば筆者のお肌も老化知らずのプルンプルンだったに違いないぞと(殴)

故郷味。いつもの中華料理ではなく、スパイスの効いた逸品料理ぞろい。大人の夜にお薦めのお店だ。

7/17(2)千成@巣鴨

夜。久しぶりに弟万次郎君と一杯ひっかけて帰る。できるだけお互いの職場近くで飲みたい二人。折り合いをつけ、巣鴨へ(苦笑)

旧き良き昭和の香りが店内外から漂う
牛もつ煮込み

当店の看板商品。牛の甘くとろける脂身と味噌が織りなす至福のマリアージュ。これは素晴らしく美味かった。

レバカツ

看板商品二号。スナック的に食べられるもの。レバーの臭みもなく、これまた美味。

カシラ(奥)、タン(手前)

新鮮さがわかるもつ焼き達に舌鼓。

で、今日はここからだった。待てど暮らせど供されない残りのもつ焼き。注文してから小一時間経ち、しびれを切らしてウエイターのサム君(南米系)に尋ねたところ、「忘れてました。すみません」ですと(怒)

この通り全く混んでなかったし、彼はちゃんと注文品をメモってたんですよ!(呆) 再注文してから5分と立たず出てきた。サム君よ、貴重な時間を返しとくれよ(泣)

コブクロ(奥)、シロ(手前)
ク、ク、ク、クシャーーーー!!!オエーーーーッ!!!

吐き気をもよおす万次郎君。いや、実際に吐き出してました(苦笑)まぁ、一般的なもつ焼き屋でありがちな、仕込がイマイチなフレグランスだった。

ということで、飛びき抜けて美味いものもあれば、時に地雷もあるという、両極を兼ね備えた千成さんでした(笑)

3/27ビストロダルテミス@北参道

朝から晩までバタバタ忙しい一日。ランチは一心たすけへ。

(冷)山菜そば
サッパリ美味い。ダイエッツ期間にこれ悪くないな。

夜はB級グルメ会。ため吉姉様のセレクトにより、ビストロダルテミス@北参道へ。えっ、北海道の店?って思ったそこのアナタ!そのそそっかしさが好きです(爆)

本会には似つかわしくないオサレなフレンチ。

フランス産のワインがぎっしり用意される。

グリーンサラダ

テリーヌ

馬肉のタルタル

パン

白身魚のガレット伊勢海老ソースがけ

子羊のロースト

腕の良いシェフから出される至高の料理達に舌鼓。ワインも4,000円位から揃えられていてCPも高い。最初はA級かと思ったが、本格フレンチを肩肘張らずににいただけるので、個人的にはB+的な位置づけ。ここは知っておくべき店ですぞと。

二次会はお決まりの発声練習。採点のしがらみから解き放たれ、ノリノリになった妖しいおばちゃん(殴)

最近、正岡子規に似てきたという会長。

確かに(爆)

3/25和幸@内幸町

国との打合せ。担当者のオトボケでこちらの意向が反映されておらず意見は平行線。3度目の打合せというのに、今さらそこかよ(呆)
がっくりのランチは店を選ぶ気力もなく、駅ビル内の和幸で済ませる。

和幸定食

さすが専門店。肉質はまずまずながら、衣がサクサクで美味い。

会社に戻ってそれを報告すると、上司から大目玉を喰らう。ですよね〜(泣)こりゃまた、調整に一苦労しそうだぞと。

1/28(1)まるやま食堂

秋田出張日。ランチは蒲田駅で途中下車し、とんかつ屋のまるやま食堂で。

当店が檍(あおき)の丸山さんの流れを汲むのかは知らないが、林のSPFポーク(無菌豚)を使用しているところは同じ。

極上ロースかつ定食


どこまでも柔らかい肉質で、上品な旨味がにじみ出てくる。脂身は思わず唸り声が出てしまうほどに甘くコクがあるもの。文句なしに美味かった。今は無き丸山桔平ほどの繊細さこそないが、街のとんかつ屋のレベルからしたら抜き出ている。今回は少々奮発したが、この質の肉であれば十二分にリーズナブル。再訪必至店だ。
蒲田は名店と呼べる店が多くがあって羨ましいぞと!