1/23 福岡出張①

福岡出張日。理由あってANAは極力使わないようにしているが、今回はパック旅行手配時にJALと倍近い値段の差があったので、止むなく使った。

新しい787機。乗り心地どうのよりも、図体はデカイくせに客席数を稼ぐためにピッチが狭いのがダメダメ。

小さくて広い737や767の方がよっぽどゆったりで良い。あとはJALに大きく遅れをとったwifiサービス。質が悪く、繋がりにくいのもイタダケない。唯一面白いのは窓の濃度を電子的に調整できる機能。

ブラインドによる閉塞感のがないのが良い。ちなみに、CAの平均年齢は、高齢化が著しいJALよりもウンと低そうだった(殴)

福岡空港は長らく工事をしていたが、やっと終わったよう。そして驚いたのが、地下鉄への動線だ。到着出口を出てエレベータ降りたら目の前がもう地下鉄の改札。当空港はそもそも博多駅まで二駅という立地の良さなのに、更に時短が図られ、今回は空港を出てから10分で博多についた。ミポリンに唄わせれば、世界中の何処よりきっと、人に優しい空港に違いない(殴)

H局長と落ち合い、博多駅内のビル内の加賀屋でランチを頂く。

とっても上品なランチに舌鼓。ごちそうさまでした。しかし、昼はラーメン、カツ丼、ぐいそでローテーションしている筆者にとって、オサレなランチはどうもケツの位置が悪いぞと(苦笑)

事務所に行き、午後からの仕事を終えて博多の夜に繰り出す。夜は筆者のリクエストで魚好亭へ。お目当てのイカちゃんがいなかったのが残念だったが、さばちゃんがいたのでヨシ!

いやはや、最高!ここは筆者の琴線に触れまくりだ。ここを教えてくれたヒロちゃんには、今回も会えないのが残念😭

超辛口のばくれんで流す幸せったらないね!
CPも高く、駅チカの活魚料理店で当店に匹敵する店があれば教えて欲しいぞと。

エンジンのかかったオヤジ三人衆。ラーメンかお好み焼きかの選択肢に揺れる想い体中に感じて、、、

W課長のエスコートによりバスターミナル上のふきやへ。

自家製マヨネーズが美味いからと勧められドバドバ。出汁の効いた粉ぎっしりの生地が旨い。甘めのソースとマヨのマリアージュがタマランチ故会長だ。

しかしね、これを一人一枚とかいくら何でも大杉晋作だわ!(泣)ツマミとしては三人分くらいあるボリウムに撃沈してもーた。

ホテルに戻り、あまりの膨満感にベッドの上でゴロンゴロンしているうちに意識がなくなり、起きたのは胸焼けの2時だったという事実。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です