2/13 秋田出張①

秋田出張日。朝からいそいそ用意をし、飛行機で秋田へ。秋田は今まで新幹線を使っていたが、飛行機の方が安くて早いことがわかったので。実際に、確かに30分も早かった😅

ランチは稲庭うどんの佐藤養助@秋田駅ビル店で。

んま〜〜〜っ!!小麦の旨さ甘味はもとより、水の旨さが口内にほとばしる!!

稲庭うどんって、こんなにうまいものなのか!これは参ったぞと。

支部でみっちり講師業務に励み、チェックイン後、夜の秋田へ。本日の会場はめぐろ@駅前。

秋田のMさん、ボランティアで民泊みたいのをやっているとのこと。彼らが来る日程が1日ズレちゃったんですよねーとか言って、オーストラリアとマレーシアのカップルを連れてきた(爆)

ヒデとロザンナ(仮称)

彼らとは英語で喋らねばならない。恥ずかしいからちょー飲んだけど全く酔えなかったという事実😅

ここは出てくるもの全て美味い。特に、自家製さつま揚げがめ〜っちゃうまいのだ!しっぽり落ち着いて飲めるいい居酒屋。

ホテルに戻り、緊張のあまり飲み過ぎたことにより、満腹中枢がイカれたの巻(殴蹴)

夜な夜な腹が減って、ホテルで売っている赤いきつねを手繰ったところ、さらに腹が減ってしまい緑のたぬきもセットで、、、(殴蹴叩)あゝ、やっちまったのやつ(泣)

1/29秋田出張

1/29秋田出張
秋田の朝はドーミーインから。
風呂の泉質も良く、朝飯の充実っぷりも◎

ちなみに、今回の旅行代(飛行機+ホテル代)は22,000円。秋田まで新幹線だと片道11,120円なので、宿代分が丸々別にかかる計算だ。いかに飛行機のパック料金が安いというのが判る。ありがたいこと。

吹きすさぶ雪を浴びながら会場に行き、セッティングを終え、ランチはラーメン亭美香味へ。
塩ラーメン


このてのスープには珍しく、コアな豚骨ラーメン顔負けの豚骨臭が前面に来るスープ。これが実に美味しく、レンゲ啜る回数が自然と増えてしまう。麺は札幌ラーメンライクな黄色い縮れ麺。正直あまり得意な方ではないが、スープが強いのでこの麺でも気にはならない。大満足。

講習会を終え、最終便で帰京。

1/28(2)秋田出張

羽田に引き返す条件付きのフライト。暴風雪の影響でかなり揺れたが、着陸できて良かった。ホテルにチェックイン後、 秋田川反の夜の街に繰り出す。
一軒目はさけ富にお邪魔した。

おでんがメインの日本酒バー。秋田の地酒を傾けつつ、化学調味料無添加の出汁のプールで泳ぐタネをつまみに。



バーだけに雰囲気もよく、味も良い。上品なおでんで冷酒を飲むのもなかなか良いものだった。

おでんはそこそこに、二軒目はお気に入りの紅(べん)がらやへ。

カラス鰈、ハタハタの原始焼き


脂したたる鰈の身、プチプチと弾けるぶりこ。旨いのなんの!これらを雪の茅舎、阿櫻で流す幸せったら〜!

ということで、秋田の夜は更けていったとさ。