7/26 青海食堂@テレコムセンター

撮影業務のため、朝から清瀬、午後はお台場へと移動しての出張。ひたすら暑かった。ランチは出張先近くの青海食堂へ。

チキン南蛮定食(630円)

ボリュームあり、タルタルソースの味も美味い!周辺の労働者の胃袋を掴んで離さない優良店だ。いやはや、こんな僻地にいい食堂があるとは驚いたぞと。

4/2新香飯店

野暮用ついでに麻布ジュバーンでランチ。

生姜焼き丼+ラーメン


ガッツリ生姜と味噌の効いた肉が美味い!ラーメンは昔ながらの中でも昔ながらのスープで、逆に新鮮ささえ感じた(笑)これで880円というのだから、土地柄を考えたら相当お得なセットといえるだろう。

12/5松屋、よし藤

紅馬鹿丼(参考)

筆者も紅生姜をこんもりのせることはある。しかし、そんなことは相当酔っているからできるのであって、まさかシラフでできるはずがない。が、今日の松屋の隣に座った御大は、生野菜サラダに紅生姜を積み上げ、更に和風ドレッシングをかけているではないか。

「アンタ正気か?」という気持ちと「ウンウン、分かるよ。紅生姜の酸味を頬張りたい気持ち」という感情が入り交じり、思わず「スミマセン、写真撮らせてもらってもいいですか?」と口にしてしまったのだった。


「あれ、なんだ金太郎さんじゃないっすか!」

ちと時系列が前後してしまったが、馬鹿みたいに紅生姜を積んでいるのを見て、俺同様変わった奴だなと思って眺めていたら、後輩君だった(爆)「君もなかなかの勇気の持ち主だな。しかし、こんな芸当ができるなら、仕事でももっと功績を積み上げとくれよ、書類を積み上げるんじゃなくてさー」と激励の言葉をかけたのだった。

ミニ牛丼野菜サラダ、生卵セット

仲間うちで紅生姜の箱を空にしてはイカンので、一掴みにしておいた(苦笑)しかし、このセットで450円とか、ホント、すごいっすよねー!

夜は忘年会をよし藤@浅草で。

モツ鍋

ここのモツ鍋はかなりのレベル。皆さんにも満足頂いたようで良かったぞと!

ふくべ

駅前地下森永エンゼル街の串揚げ屋へ。筆者が入社してから、しばらくはマルちゃんという美味いとんかつ屋だったが、店長が病気してからは居抜きで揚げ物屋となっている。

日替わり定食(850円)#ご飯半分
今日の日替わりは、ヒレカツ、メンチカツ、アジフライ。揚げたてサクサクで、それぞれタネの質も良い。特にジューシーなメンチカツが気に入った。メイン以外おかわり自由なので、キャベツを追加で頂いた。
日常のランチとしてはやや高いが、かつやよりも質が高いし、キャベツのおかわりができるのが◎また来ることにしよう。

千吉カレーうどん

休み明けの一発。辛いもので体を起こすべく、千吉カレーうどんへ。

新赤いカレーうどん(800円)
新というからには、新しくなったみたい。辛さがやや抑えられたようで、以前のように汗が滴るような辛味がなくなり、マイルドになったと感じた。美味いけれど、以前の方が好きだったなぁ。残念。

キッチンジロー@大門

黄色い看板にジローとくれば、ラーメン二郎と関連があるお店に違いない、と考えるのはジロリアンの悲しい性。だが、何ら関連もない街の洋食屋である。

今更ジロ―な話でした。
洋食屋といえば、学生時代にバンビやらラケルにはよく行ったが、当店には入ったことがなかった。ということで、感慨に浸りながらの入店。


デミメンチ定食(820円)*ご飯半分
名前のとおり、メンチカツにデミグラスソースがかかったもの。ソースよりも優しい当たり。肉質がどうとか、これといった特徴はないけれど、昔ながらの中華そばがあるならば、昔なつかしい洋食屋のメンチカツといった感じだろうか。

フォンテン・ド・芝(メルパルク東京)

午前中は2つの会議のハシゴ。バタバタだったが、特にトラブルはなかったから結果オーライ。しかし、飲み会のハシゴは大歓迎だが、会議のハシゴは勘弁してほしいぞと(苦笑)

ランチはメルパルク東京一階のレストランで。


ポークグリル定食(1200円)
メインの味は中庸だが、サラダバー&スープバーが付いているので、損をした気にはならない。けれども、立派な施設なんだから、もうちょっと味にこだわって欲しいかな~。

とてもいい季節だ。